読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

茶研日記

広島大学茶道研究会、略して〈茶研〉の活動日記。

炉開き茶会(11月10日の稽古)

 

こんばんは(・ω・)

3年の高橋です!

 

11月も半ばになり、風も冷たく感じられるようになりましたが

みなさん元気に過ごされているでしょうか?

そろそろお鍋とこたつが恋しい時期ですね・・・(^^)

 

さて、今回は炉開き茶会ということで、炉での茶会を開きました。

私はお点前の役を担当させていただいたのですが、炉のお点前ってやっぱりいいな・・・としみじみ感じました。炉独特の重厚感や温かさ、茶道らしさが個人的に好きです。風炉と炉、それぞれ違ったよさがあります。

 

今回のお茶会には見学の方も3人来てくださり、部内茶会とは思えない雰囲気が漂っていました・・・。人数が多いとにぎやかな感じがします。

中村さんの半東も温かみがあっていい茶会になっていたのではないかなとお点前をしながら思っていました(・ω・)

点て出しさん、水屋さんもおつかれさまでした。役に協力してくれた会員さんありがとうございます!

 

最後に、あと残り3週間ほどで冬茶会です。会員それぞれ伸ばせるところや改善できるところなど、各自課題があると思いますが、冬茶会で自分のできる限りのことをやりつくすことができるように日々の稽古、強化練習を頑張っていきましょう。

私も他の会員から学ぶべきこと、見習いたいことがたくさんあるので、冬茶会に向けて稽古に励んでいこうと思います。